iPhoneユーザー必見ツール!iPhoneアナライザー!

iPhoneアナライザーとは?

iPhoneアナライザーとは、iTunesで作成したバックアップデータを解析するソフトです。iTunesで作成したバックアップデータは、本人でも通常では閲覧できないようになっており、120%iPhoneなどを活用使用と思った場合にはちょっと不便な面があります。iPhoneアナライザーを使えば、パソコンのに保存されているバックアップデータを閲覧できるようになります。

iPhoneアナライザーでは何ができるの?

【画像や動画の再生】はもちろん、【連絡先】【発信/着信履歴】【メッセージ】などのデータをCSVファイルもしくはPDFファイルとして出力することができるのです。

iPhoneアナライザーで閲覧できるデータはこれだ!

  • 連絡先
  • メッセージ
  • 発信/着信履歴
  • 画像/動画
  • Safari閲覧履歴/ブックマーク
  • LINE
  • Skype
  • Comm
  • メモ
  • ボイスメモ

iPhoneアナライザーのタイプは3種類!あなたはどれがお好み?

iPhoneアナライザーでは購入できるタイプが3種類あります。それぞれ、機能に違いはありませんが自分にあったタイプを選んで使いましょう。

  • CD-ROM版
  • ダウンロード版
  • USB版

タイプが3種類あるけど、どこが違うの?

CD-ROM版

CD-ROM版は、CD-ROMを使ってパソコンにiPhoneアナライザーをパソコンにインストールします。 jkt_1 CD-ROM版のメリットは、なんといってもパソコンの故障に強いところではないでしょうか。 例えば、今まで使っていたパソコンが急に壊れたときや、OSの再インストールをして環境がまっさらの状態になったときCD-ROMが手元にあれば、すぐiPhoneアナライザーをパソコンにインストールすることができますね。

ダウンロード版

ダウンロード版は、iPhoneアナライザーのセットアップファイルをダウンロードするためのURLが記載されたメールを受け取ります。 メールを受け取ったら、記載されたダウンロードURLよりセットアップファイルをダウンロードしiPhoneアナライザーをインストールします。 ダウンロード版のメリットは、配送ではないぶん到着までの時間が早いところですね。 CD-ROM版の場合、CD-ROMを配送しなければいけないので、どうしても到着まで時間が掛かってしまいます。 その点ダウンロード版は、メールでの配信なので地域は関係ないです。

USB版

USB版は、iPhoneアナライザーの利用に必要なファイルをいれたUSBメモリです。 USB版のメリットは、パソコンにインストールする必要がないというところです。 パソコン用ソフトなのに、インストール不要だなんて嘘かと思われるかと思いますが本当です。(笑) iPhoneアナライザーに必要なファイルは全てUSBメモリの中に保存されているので、使いたいときにUSBメモリを挿して使う。 使わないときは、パソコンからUSBメモリを外して保管しておけばOKです。 CD-ROM版、ダウンロード版と違ってソフトのインストールが一切不要なところは便利だと思います。

動作環境

対応OS Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1
CPU デュアルコア1.6GHz以上
メモリ 2GB以上
その他の要件 .NET Framework4.0のインストール
インターネットへの接続
備考 Boot Campなどの仮想OS環境での動作保証は致しかねますので予めご了承ください。
暗号化されたバックアップデータは解析できません。
Windows8 / Windows8.1ではバックアップデータ内の動画は一旦PCに保存してからの閲覧になります。